七草がゆ

七草がゆ おせち 料理 レシピ01
七草がゆ おせち 料理 レシピ02

旧暦の新年は、現代の2月にあたり、野山には草の芽が頭を出している季節。
この新芽を7種類使っておかゆを作り1月7日の朝に食べる習慣が七草です。
お正月の酒やご馳走を食べすぎて、疲れた胃腸を癒すため消化のいいかゆを食べるという古人の生活の知恵が現代に行き続けている食行事です。

春の7草…セリ・ナズナ・ゴキョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ


★七草がゆの作り方と材料★

■材料(4人分■
米 1カップ/水 7カップ/塩 小さじ 1強/七草/餅 4個

■作り方■
【1】七草は水で洗い、千切りにする。

【2】米と水を入れて火にかけ、かゆを作り塩味をつけ、餅を入れて柔らかくなったところに用意した七草を加え、火を止める。器に盛って出来上がり。

TOP > 正月しきたり用語集 > 七草がゆ