お重の詰め方

osechitumekata.jpg
重箱に詰めるお料理は、地域・家庭・年代によって様々ですが、いづれも今年一年の幸福を願う物です。
重箱への盛り方には昔から一応ルールがあるので、まず基本だけ覚えておきましょう。

重箱は従来、四段重ねが基本。
一の重には、黒豆や数の子などの祝い肴と伊達巻きや蒲鉾などの口取り、二の重には酢の物、三の重には焼き物、与の重には煮物を盛るのが一般的です。
ただ最近は三段重がポピュラーです。
その場合は、汁が出る酢の物を鉢などに別に盛るほうが賢いようです。


また、どの重箱にも、盛る品数は三、五、七、九のいずれか奇数と決まっています。

HOME >お重の詰め方