おせち料理の由来

お節とは

黒豆、数の子、紅白なます、田作り、栗きんとん…おせち料理が現在のような形になったのは江戸時代の後半といわています。

日本の伝統食とはいっても、いわゆる『おせち料理』の歴史は200年余り。
思いのほか、新しい文化でびっくりませんか?

そもそものおせちの由来は正月の節供料理で、宮中の「お節供(おせちく)」の行事からきています。
お節供は文字を見るとわかるように節日に神に供えたもの。
宮中では1月1日、7日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日といった節日には神に神饌(しんせん)を供え祭り、宴を開ていました。

このように、おせち料理は宮中のしきたりが民間に広まったものですが、やがて正月にふるまわれる御馳走だけが「おせち料理」と呼ばれるようになりました。

そしてそれらは、その土地や時代によって多少変化していきました。

おせち料理を作りおきするのは、お正月に女性を休養させるためとよくいわれますが本来は、お正月は年神様をお迎えし、おまつりする儀礼です。
年神様がいらっしゃる間は物音をたてたり、騒がしくしないため煮炊きすることを慎むというところからきています。

TOP > おせち 豆知識 > おせち料理の由来