おせち料理の意味

mamechishiki_ojyuu3.jpg
おせち料理の名前には意味があります。
その一例をあげてみます。

黒豆
まめ(健康)に暮らせるようにです。

数の子
二親(ニシン)から多くの子が生まれることから子孫繁栄です。

田作り
(江戸時代の高級肥料として片口いわしが使われたことから)年豊作祈願です。

昆布
よろこぶ。

かちぐり
勝つ。

鯛(タイ)■
めでたいに通じる語呂合わせです。

江戸時代にはじまった七福神信仰とも結びつき、(恵比須様が抱えているでしょ?)
鯛はおめでたい魚としてあまりにも有名です。

橙(ダイダイ)
代々に通じる語呂合わせです。子孫が代々繁栄するようにです。

錦たまご(ニシキタマゴ)
卵の白味と黄味をわけて、ニ色でつくった料理の二色(ニシキ)とおめでたく豪華な錦との語呂合わせです。

牛蒡(ゴボウ)
土の中に長く根を張ることから、土台を固め、堅実に暮らせるようにです。

里芋(サトイモ)
里芋は子芋がいっぱいつきます。子宝にめぐまれるようにです。

紅白なます(コウハクナマス)
お祝の水引きをかたどったものです。

紅白かまぼこ(コウハクカマボコ)
かまぼこははじめは竹輪のような形をして いました。やがて江戸時代、様々な細工かまぼこが作られるようになると、祝儀用としてかかせないものになっていきました。紅白のおめでたい彩りから、おせちの定番になったのでしょうね。

栗金団(クリキントン)
「栗金団」というお菓子は室町時代に既にありましたが、いわゆる、おせち料理の栗金団とは別物だったようです。この頃の栗金団は栗餡を丸めたもの。現在の形になったのは明治時代のことです。「金団」とは黄金の団子という意味です。くちなしの実で黄色に色付けて仕上げます。名前の語呂合わせではなく、見た目の“黄金”の色合い、豪華に見える様子から、おせちの定番になったものと思われます。

伊達巻き(ダテマキ)
「伊達」とは華やかさ、派手さを形容します。華やかでしゃれた卵巻き料理ということで、お正月のお口取り“晴れの料理”として用いられました。語呂合わせや子孫繁栄の祈りというより、色や形からおせち料理に登場するようになったようです。さらに、伊達巻きは、蒲鉾を作る際、つなぎに卵白を使用しますが、黄味の部分が余ってしまうので、それを活用するために考えだされたものです。お口取り料理の蒲鉾とはこんな関係だったのですね。ところで、名前については他説があり、和装で使用する「だてまき」に縞模様がにているから…というのもあります。

海老(エビ)
腰曲がりえびは、長いひげをはやし、腰が曲がるまで長生きすることを願って、お正月飾りやおせちに用いられます。伊勢えびから、小川の川えびまでいろいろですがお重詰の中には、小えびを串で止めた鬼がわら焼がよく用いられます。

蓮根(レンコン)
穴があいているから先の見通しが良い。花の形に整えた花レンコンは、「実になる」ので縁起か良いとされています。

コハダ粟漬(コハダアワヅケ)
コハダはシンコ、コハダ、コノシロと成長すると名を変える「出世魚」なので縁起か良い。粟は五穀豊穣です。

お多福豆
「阿多福」という字が当てられ,文字通り福を招く食べ物です。

百合根
百合根は,球根の鱗片が多く重なっており,その鱗茎の数々が相合う事が和合に通じるとされています。百合根は薬効もありますが,吉祥の象徴です。

くわい(クワイ)
丸いところからヒョンと芽が伸びているところから「芽が出る」との願いです。

はぜ甘露煮(ハゼカンロニ)
はぜは全国各地に生息し、成長が早く、すばしこい魚。餌を発見すれば、必ずお腹におさめてしまう習性があります。そのようなことから「すばやく目標を達成させる」と縁起を担いで甘露煮を用意します。

TOP > おせち 豆知識 > おせち料理の意味